在宅ワークに向き不向きはある?特徴や対策を紹介!

この記事では、在宅ワークに向き不向きがあるのか、またその特徴や対策はあるのかについて、説明しています。

在宅ワークって一部の人しかやっていないようなイメージがありますよね。

在宅ワークが合う人と合わない人で分けれていそうだよね。

ただ、在宅ワークってすごく働きやすい働き方なんですよ!

在宅なので、時間の融通が効きやすく子育てがしやすいなんてこともあります。

子育てしやすくて、働きやすいなら気になる!

そこで、今回は在宅ワークの向き不向きと、その特徴や対策についてわかりやすくまとめました!

目次

在宅ワークに向き不向きはある?

まず、在宅ワークに向き不向きがあるのかについてです。

先に結論を言うと、向き不向きはあります。

やっぱりなにごとにも、向き不向きはあるんだね!

ただ、在宅ワークにも職種があるので、一概に全てに共通するとはいえないです。

広くみてみると共通点がありその点をみることで向き不向きが見えてきます。

まずは在宅ワークにはどういった仕事の種類があるのか、確認していきましょう!

ざっくりでもいいので在宅ワークはどんな仕事か、イメージすることも大切ですよ!

在宅ワークの種類

在宅ワークはざっくりとした言葉になり、仕事のイメージが掴みにくいと思います。

在宅ワークの種類は下記のものが多いです。

1.電話応対(テレフォンオペレーター)
2.ITプログラミング
3.データ入力などの事務作業

在宅ワークの内容だと、この内容の仕事の割合がほとんどになります。

どれもPCを使いそうな仕事の種類だね!

ただ、この仕事の種類には共通点があります!

共通するものってなんだろう?

共通する点は、単純作業をするカンタンな仕事が多いというものです。

なんで単純な作業なものばっかりなんだろう?

なぜ単純な作業ばかりなの?

在宅ワークが単純作業ばかりなのにはしっかりと理由がいくつかあります。

まず下記に理由をまとめました。

1.一人で完結しやすいから
2.チームで動くというより個人で動くことが多いから
3.イレギュラーが起こりにくいから

この3点が理由になります。

1つ1つ解説していきます。

1人で完結しやすいから

在宅ワークはイメージ通り、1人で仕事を行います。

そのため、最初から最後まで1人で完結する作業でないと、在宅での仕事となると難しくなってしまいます。

確かに1人で全部できるものじゃないと逆に不安になっちゃうね !

1人で最初から最後まで完結する仕事となると、自然とカンタンな単純作業になります。

これが1つめの理由になります。

最初から最後まで1人なので、作業自体は難しいものはあまりないことが多いです。

チームで動くより個人で動くことが多いから

2つ目の理由は、チームで動くより個人で動くことが多いからです

オフィスでの作業となると、チームで動いてプロジェクトなどを完成させるということが多いです。

オフィスワークだと確かにチームで動くことが多いと思ですね。

チームで動く場合は、進捗が遅れてしまってもカバーし合えば、取り戻せることがあります。

ただ、在宅ワークの場合は1人で行うことがほとんどです。

結果として、進捗が遅れにくい作業はカンタンな単純作業になります。

カンタンな作業にすることで、進捗が遅れにくいようになっています。

イレギュラーが起きにくいから

在宅ワークが単純な作業が多い3つ目の理由は、イレギュラーが起きにくいからです。

イレギュラーが起きにくいからってどういうことだろう?

在宅ワークの時にイレギュラーが起きてしまうと、誰かに確認しなければいけません。

ですが、在宅なので、緊急性があったとしても、すぐに確認できるかと言われると微妙ですよね。

イレギュラー対応は緊急性が高い内容の場合がほとんどです!

なので、イレギュラー対応がそもそも、起こりにくいカンタンな単純作業が多くなりやすいです。

もちろん、カンタンな単純作業でもイレギュラーが起こる場合もあります。

その場合でもカンタンな作業なので、マニュアルの準備もしっかりされていることがほとんどで、1人で解決できます。

カンタンな単純作業が多いのは作業者に配慮しているからなんだね!

在宅ワークがカンタンな単純作業が多い理由が理解できたと思います!

次は、在宅ワークに向いている人向いていない人がどういう方なのか、解説します。

在宅ワーク向いてる人の特徴や向いていない人の対策を紹介

在宅ワークに向いている人と向いていない人には特徴があります。

この特徴を知ることで、自分が向いているかいないのか、判断ができるようになると思います。

向いているかいないかの特徴ってどういうものがあるんだろう?

どちらの特徴も1つではなくいくつかあります。

複数の特徴を見て、どちらの方が当てはまることが多いかを見てみることがオススメです。

総合的に見て判断することがオススメですよ!

次から特徴についてまとめたので確認してみましょう。

在宅ワークが向いている人

在宅ワークが向いている人の特徴はいくつかあります。

まずは下記にまとめたのでサラッと確認してみましょう。

1.淡々とした作業が得意な方
2.期日を守れる方
3.対面以外でのコミュニケーションが得意な方

この3点が向いている方の特徴になります。

どれも大切で基本的なことですが、意外と苦手という方も多いです。

スキルとしてはそこまで習得難易度は高くないものです。

では、具体的にどういう特徴なのか解説します!

淡々とした作業が得意な方

在宅ワークは先ほども解説した通り、カンタンな単純作業が多いです。

単純作業はいかにコツコツと、淡々とできるかがポイントになります。

確かに淡々とできないと厳しそうだね!

淡々と作業をこなすことができれば、どんな在宅ワークでも、苦に感じずにできると思います。

淡々とできる方は、在宅ワークを前向きに検討するのが良いですよ。

淡々とできることはいいことなので継続しましょう!

期日を守れる方

在宅ワークに向いている方の特徴の2つ目は、期日を守れる方です。

これは社会人として、基本の事と思うかもしれません。

期日を守ることって意外と難しいと感じることもあるよね?

ですが、意外と期日を守るということができていない方も多いのが現実になります。

【引用元:セイコー時間白書2020

期日を守るという方は100%かと思いきや、実際は7割くらいでした。

確かに時間を守るって難しいことではあるよね。

なので、在宅ワークでは期日を守るという方は、重宝されます。

期日を守ることができるという方は、在宅ワークにチャレンジしてみることをおすすめします!

期日は時間や日付など様々な状態であります!
どれでも守れたら優秀です!

対面以外でのコミュニケーションが得意な方

在宅ワークで向いている方の特徴3つ目は、対面以外でのコミュニケーションが得意な方です。

これはイマイチイメージできない方も多いと思います。

対面以外のコミュニケーションってどういうことだろう?

対面以外でのコミュニケーションとは、電話やメール、オンライン会議などのことです。

在宅ワークは非接触型と呼ばれる方法でのコミュニケーションが多くなります。

電話やメールでもコミュニケーションが取れるという方でないと、円滑に作業を進められなくなってしまいます。

非接触型のコミュニケーションは、電話・メール・ボイスチャット・ビデオ通話などのことです。

逆に、電話やメールでのコミュニケーションでも問題なくできますという方は、在宅ワークに向いています。

基本的に在宅ワークでなにかあった場合は、電話やメールなどで質問、報告を行います。

在宅だから、相談するのも確かに電話などになるね!

コミュニケーションはどの仕事でも必須のスキルになるので、得意ではなくても前向きに習得できるようにしましょう。

では、逆に在宅ワークに向いていない人はどんな特徴があるのか解説します。

在宅ワークが向いていない人の特徴とは?

在宅ワークに向いていない方の特徴もいくつかあります。

1.1人作業が苦手な方
2.オンオフの切り替えが苦手な方
3.チームで仕事をしたいという方

上記3点が向いていない方の特徴になります。

この特徴についても1つ1つ解説します。

向いていない方の特徴も複数個あるんだね!

1人が苦手な方

まず、1つ目が、1人作業が苦手という方です。

在宅ワークは、基本的に1人で淡々とやることが多いです。

1人でなにかをずっとすることが苦痛という場合は、在宅ワークは厳しいです。

たまにチームでやることもありますが、基本的には1人で仕事を行うことが多くなります。

1人だけで行うのではなく、複数人で協力して仕事をしたい場合は、在宅ワークは控える方が良いです。

1人だと心細くなる時があるから、在宅ワークはやめておこうかな。

オンオフの切り替えが苦手な方

在宅ワークが向いていない方の特徴2つ目は、オンオフの切り替えが苦手な方です。

オンオフの切り替えは苦手です。

在宅ワークなので、職場はオフィスではなく、自宅になります。

なので、自宅が仕事場になってしまうので、オンオフの切り替えが通常より難しくなってしまいます。

オンオフの切り替えがうまくできないと、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。

しっかりと自宅が職場になっても、オンとオフの切り替えが上手くできれば疲労感なども抜けると思います。

ただ、うまく疲労が抜けないと精神的にも肉体的にも疲れてしまい、在宅ワークをするメリットがなくなってしまいます。

疲労感を残さないためにも、オンとオフの区別ができる工夫をしないとだね!

チームで仕事をしたいという方

在宅ワークに向いていない方の特徴の3つ目は、チームで仕事をしたいという方です。

オフィスではチームで動くということが多いと思います。

チームでなにかをすることは確かにオフィスワークだと機会が多いかも!

このイメージでいると在宅ワークとのギャップが生まれてしまい、苦痛に感じやすくなってしまいます。

在宅ワークは、カンタンな単純作業を1人ですることがメインになります。

チームで一緒になにかを成し遂げたいという場合は、正反対の作業内容になりやすいです。

たまに在宅ワークでもチームでやることがありますが、滅多にないです。

チームで仕事をしたいという場合はオフィスワークで検討するようにしましょう。

向いていない方向けの対策方法は?

向いていない特徴に多く当てはまった場合は、諦めるしかないのでしょうか?

結論としては、そんなことはありません。

諦めないで良いのは安心だね!

対策方法は、2つあります

1つ目は自己分析をすること

向いていない特徴をいくつか挙げましたが、どれも分析すれば対策はできます。

自己分析をすれば、苦手なこともカバーできるようになります!

特徴といっても、言い換えれば苦手な分野ということになります。

自己分析をして、なぜ苦手なのかを深掘りして考える自己対峙の時間をまずは作るようにしましょう!

分析をしてまずは解決策を見つけよう!

そして、自己分析が終わったら、その分析データをもとに短所部分を補うようにします。

補い方として、本を読む、セミナーに出てみる、コーチングしてもらう、などの方法があります。

色々な方法があるけど、自分に合った方法を探してやってみよう!

なかなか最初は勇気がいると思うので、最初は本を読んで知識をつけることからがオススメ!

知識をつけたら実践までして、知識をつけてと繰り返し行っていくことが近道になりますよ。

何事もまずはチャレンジだね!

2つ目は苦手分野を人に任せること

なかなか知識をつけて実践しても、改善できないという方もいると思います。

落ち込まなくて大丈夫です!

人間は完璧ではないので、短所はたくさんありますし、直らない事もあります。

短所ってなかなか直らないよね!

そんな時は一人で解決しないで、苦手なことを人に頼っちゃえば大丈夫です!

例えば、知識をつけたけど、改善できないという時はもしかしたら、分析が正しくできていない可能性もあります。

できていると思っていた事ができていない、そんなことがあるんだね!

なので、なかなか先に進めないという時は、できる人や専門家に頼ってみましょう!

そうすることで、気持ちもラクになり、先に進めやすくなりますよ。

在宅ワークに向き不向きはあるが特徴を知って対策すれば問題なし!(まとめ)

在宅ワークの向き不向きの特徴や対策について説明しました。

・淡々と作業や期日を守り、コミュニケーションが得意な方は向いてる
・1人での作業やオンオフが苦手でチームで仕事をしたい人が不向きになる
・不向きな方でも自己分析をすれば在宅ワークができるようになる

不向きの場合でも、しっかりと自己分析をすれば在宅ワークもできるようになります。

しっかりとスキルを習得して、在宅ワークができるように自己分析をまず行ってみることがオススメです。

自己分析をすれば、自分の長所と短所も判明します!

もちろん、なかなか克服できない時は、他の人に頼って次にどんどん進めていくのもありです!

在宅ワークの向き不向きも特徴を理解して、対策すれば問題ないです。

ぜひ自己対峙をしてみてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次