30代未経験ができる在宅ワークとは?月収の目安も紹介!

この記事では、30代未経験でもできる在宅ワークの月収の目安について説明しています。

在宅ワークってどの位の稼働時間なのか、月収はいくらなのか目安なども曖昧で分かりにくいですよね?

在宅ワークって最近出てきた働き方だから全然イメージがつかない。

在宅でお仕事できれば、子供との時間も増やせそうと、思いますよね?

そこで、今回はそんな30代未経験の方ができる在宅ワークの月収や、目安についてまとめてみました!

目次

30代未経験ができる在宅ワークとは?

在宅ワークには色々な職種があり、実は選択肢が多いです。

その中でも30代未経験の方ができる在宅ワークは、どのようなものがあるのかまとめました。

・データ入力
・文字起こし
・電話、メール対応
・事務系

上記が30代未経験の方でもできる職種になります。

未経験でもできる職種は意外と多いんだね!

ではこれらの職種は具体的にどういうことをするのか解説します。

データ入力とは?

まずはデータ入力についてです。

このデータ入力はイメージ通り、さまざまなデータを指定のフォーマットに入力していくものになります。

データ入力に関しては未経験の中でも特にスキルも何もいらないものになります。

簡単に始められるものだからお手軽だね!

PCスキルも特に必要がなく、タイピングが早ければ仕事が早く終わるというメリットもあります。

なのでお手軽にスキマ時間で始めたいという方にはオススメです。

スキマ時間で在宅でできるのものとしてかなり良いです。

ただ、データ入力になるので、誤字や入力場所がズレたりするとエラーになってしまいます。

その場合は、修正が必要になってしまうので、注意力が必要になります。

そこまで気を張らなくても、ダブルチェックなどをすれば大丈夫です!

文字起こしとは?

次は文字起こしについてです。

この文字起こしというのは、音声や動画での会話を文字にして入力していくというシンプルなものになります。

文字起こしもシンプルでチャレンジするのもオススメです。

文字起こしは作業内容も様々なものがあります。

・そのまま文字を起こす
・要約をする
・語尾の編集や修正をする

上記3点に分かれることが多いです。

基本的に未経験の場合は、そのまま文字を起こす事から始めることがほとんどになります。

文字起こしにも色々な種類があるんですね。

文字起こしに慣れてくるとステップアップして、要約を行うようになったりします。

要約も慣れてくると語尾の編集や修正などを行い、ディレクターのような立ち位置で活躍できるようになったりします。

慣れて活躍していくとステップアップ出来して、やる気が上がりますよ!

ただデメリットもあります。

それは1回あたりに時間がかなりかかるという点です。

時間効率を考えると少し悪いかもしれません。

文字起こしは1本の動画やインタビューを文字に起こします。

そのため30分の動画や1時間の動画など、1本が長くなります。

この長いものを文字に起こすとなると1日で1本終わるかどうかという形になります。

根気強く出来ると作業がスラスラと捗ります。

ベテランの方でも1本の動画などを文字起こしするのに、2時間半や3時間かかると言われています。

なので集中力や、根気よく出来る方には文字起こしは向いていると思います。

1つの事に没頭できる方はオススメです。

電話・メール対応とは?

次は電話・メール対応についてです。

これは誰でもできる簡単な職種の代表格とも言えますね。

これは誰でもイメージができる職種ですね。

電話やメール対応になるので、未経験でもできます。

ただ、ビジネスマナーや、言葉使いがしっかりとできる方でないと厳しいです。

堅苦しい言葉を使うのが苦手な方は、慎重に選択した方がいい職種です。

相手はお客様になります。

そのため、正しい言葉使いなどができないとクレームなどに繋がってしまう恐れがあります。

クレームに繋がってしまったら今後の活動に響いてしまうので、気をつけましょう。

ただ、過去に電話対応などをした経験がある場合は、問題なくできる職種にもなり、行いやすいと思います。

ビジネスマナーなどを学ぶチャンスとしてはいい職種になるかもしれません。

新しい経験をする場合は良い経験になるチャンスです!

事務系とは?

最後は事務系になります。

この事務系は様々な業務があります。

事務系だとどういうのが多いんだろう?

中でも多いのが営業事務になります。

電話での問い合わせに対しての回答や、データ入力などがメインです。

そんなに難しくはなさそうだね。

例えば、スプレッドシートやExcelに会社情報を入力してまとめたりするものです。

もちろん他にも経理系のものもあったりします。

ただ、経理系に関しては、簿記や経理経験者など限定的になってしまいます。

たまに未経験でも可能というものもありますが、未経験で入ると大きな壁に当たる可能性が高いです。

経理系は時給なども高く良い案件になりますが、未経験は不可になってしまいます。

なので、営業事務などを経験しつつ、経理について勉強をしてステップアップとして捉えるのであれば良いと思います。

営業事務からのステップアップとして考えれば、今後のキャリアアップにも活かせそう!

営業など前線に出て仕事をしたり、稼いでいきたいという感じでなければ営業事務は向いていると思います。

営業事務は誰かの役に立ちたい、縁の下の力持ちのようなタイプの方にはオススメになります。

人の役に立つことは素晴らしく、これでキャリアも作れると今後に強くなりますよ!

ここまで各職種を紹介してきましたが、そもそも月収などの目安はどれくらいになるのか気になりますよね。

次は各職種の月収について解説していきます。

色々な職種で魅力的に見えたけど、月収はどのくらいになるんだろう?

30代未経験の在宅ワーク月収の目安

未経験でも可能な案件が色々とありましたが、気になる月収部分はどうなっているのでしょうか。

実は多くの案件はそこまで月収は良くありません。

仕事内容は楽で魅力的なのに、月収はイマイチなのは残念だな。

では、各案件がどのくらいの月収になるのか、目安を説明していきます。

ちなみに在宅ワークで月3万円を稼ぐためには、どのようにしたらよいかほかの記事で詳しく紹介しています!

データ入力の月収の目安は?

まずデータ入力についてです。

データ入力は、1文字あたりで単価が決まっている場合がほとんどです。

文字数とかで単価が決まっているんだね。

1文字あたりの単価も、0.5円〜5円など数円単位での単価が相場です。

そのため、1万文字のデータを入力したとしても5,000円〜5万円になってしまいます。

データ入力は1データあたりなど文字以外での単価の場合もありますが、相場は同じくらいです。

大体ですが、1データ入力するので1分はかかると言われる案件がほとんどになります。

なので、1分で1円〜5円、1時間で60円〜300円とかなりやすい時給単価になってしまいます。

本業としてやるには単価が安すぎて生活ができなくなってしまいます。

そのため、データ入力は月収で5万円が目安だと思ってください。

文字起こしの月収の目安は?

次は文字起こしの月収についてですが、文字起こしも単価が安いです。

文字起こしも単価が安いのか、残念だなぁ。

文字起こしは1本毎に単価が決められる場合がほとんどになります。

大体単価としては、1500円〜5000円くらいが相場になっています。

さっきよりも高そうに見えるけどなんで安いのかな?

この相場は1本なので60分の動画や120分の動画など長いものがほとんどになります。

つまり、時給計算に換算すると、500円〜1500円くらいに落ちついてしまうのです。

1本の単価が大きければ長い動画になる可能性があるので、納品日は確認するようにしましょう。

文字起こしも月収の目安は5万円〜10万円くらいになると思っておきましょう。

なので本業にしてしまうと生活ができなくなってしまうので、オススメはできません。

時間にも余裕がないと納品ができなくなってしまい、信用も失ってしまう可能性があります。

電話・メール対応の月収と目安は?

最後は電話とメール対応についてです。

こちらは単価がかなり良い案件だと思います。

単価が良い案件だと期待しちゃう!

電話やメール対応の案件や営業事務は大体の場合、月収がいくらですと決まっている状態でスタートという形になります。

そのため、最初から単価がいい状態でスタートできるんです。

他の案件と違い、文字数や1本あたりの単価ではないので、安心できます。

電話対応・メール対応や営業事務の案件に関しては、月収で20万円〜25万円くらいになるので生活できるレベルになります。

もちろん仕事に慣れてきたりすれば給与アップのチャンスもあると思いますので、やる価値はありますよ!

仕事しながらなにかスキルや資格を身につけておけば、単価の交渉がしやすくなります。

案件の選び方の目安は?

ここまで色々な案件をご紹介してきましたが、月収の目安は案件によりバラバラでしたね。

ざっくりですが、本業として捉えるなら、電話・メール対応、営業事務の案件を行うことがおすすめ!

どの案件にすれば良いか明確に見えてきたよ!

逆に、本業の片手間でスキマ時間を活用しながら稼ぎたいという場合は、文字入力や、データ入力がおすすめです。

月収に関しては5万円〜10万円くらいですが、仮に1年間継続したら年収は60万円〜120万円アップします。

副業として捉えたら良い案件ですね!

このように希望している内容で案件を選ぶと、自分にとって良い仕事が見つかりやすくなります。

お仕事探しに時間をかけたくない方は、クラウドソーシングサイトを使うことをおすすめします。

まとめ

この記事では、30代未経験ができる在宅ワークの月収の目安について紹介しました。

おさらいになりますが、未経験でできる在宅ワークは以下になります。

1.データ入力
2.文字起こし
3.電話、メール対応
4.事務系

事務系に関しては月収20万円以上が目安になるので、本業でもいけますね。

ただ、それ以外は副業ほどの1万円〜5万円くらいが目安になってしまいます。

本業として捉えるなら事務系がいいね!

文字起こしに関しては、作業が慣れてくると単価アップしやすいです!

そのため他に比べて本業近くの20万円くらいも稼げるようになります。

何回も文字起こしをやって慣れるまでに時間はかかります!

あなたがどのくらいの月収を想定するかでオススメの案件は変わってきます。

30代未経験で在宅ワークを始めるなら、20万円以上の月収がもらえる事務系を目安にするのがいいですよ。

今回の記事を読んで在宅ワークを始めたいけど、何から始めたら良いかわからない方におすすめなのがスキルスキップ。

好きな場所で好きな時間に働けるように、スキルを身につけてみませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次